和染の和紙ができるまで

和染の和紙ができるまで

和染FACTORYで扱う友禅染めと型染めの2種類の和紙は、鎌倉時代から続く伝統技法で京都の職人によって染められています。完成までは多くの工程があり、失敗が許されません。手間を惜しまないその工程をご紹介します。

友禅染め

一、色捺染

色捺染写真1
色捺染写真2
最初に基調となる色を染めます。板に貼った和紙に模様を彫った型を乗せ、和紙の幅と同じサイズのヘラで一気に染め上げます。染め残しやムラがないよう丁寧に染め上げます。
色差し写真1
  • 色差し写真2
  • 色差し写真3
  • 色差し写真4
  • 色差し写真5
残りの色を染め重ねます。色の数だけ型があり、型を和紙に乗せて染め、乾燥させたら次の色を重ねていきます。乗せる色の順序や色料の調合も職人の勘と経験で調整します。

二、色差し

三、乾燥

乾燥写真
染色と乾燥を繰り返すことで和紙が伸縮するため、乾燥時間はその日の気候によって異なります。最後の色を乗せ終え十分に乾燥させ、板から剥がしたら完成です。

型染め

一、糊置き

糊置き写真
模様を彫った型を和紙に乗せ、和紙の幅と同じサイズのヘラで一気に防染糊を敷きます。均等な厚みで糊を載せる、腕力も必要な職人技の見せ所です。
色差し写真
最初に基調となる色を染めます。次に色の数だけ型を使って染め重ねていきます。一色染める度に乾燥させます。型染めでは染める色の顔料を和紙に定着させるのに「豆汁」(ごじる)を用います。豆汁は毎朝工房にて、豆乳と同じ製法で大豆から絞っています。

二、色差し

三、水洗い

水洗い写真1
全ての色を乗せ終えたら、流水で一枚一枚丁寧に糊を洗い流します。糊が落ちたところは和紙の地の色が現れます。糊が少しでも残ると柄が潰れてしまうので、絶妙な職人の力加減で全ての糊を落としていきます。
  • 水洗い写真2

    水で糊を落とす前

  • 水洗い写真3

    水洗い後
    糊がきれいに落ち、和紙の地の色が出ています。

乾燥写真1
乾燥写真2
洗い終えた和紙を回転する乾燥機に貼り付けて乾燥させます。シワが入らないよう、また和紙が浮かないように一枚ずつ丁寧に高温の乾燥機に貼り付けます。十分に乾き、剥がしたら型染め和紙の完成です。

四、乾燥

  1. ホーム
  2. 和染FACTORY